建築家「田根剛」 GYRE・FOOD

ROKOAROKOA

2020年11月26日フジテレビ「めざましTV」放送、イノ調!日本にある有名建築を調査!標高700mにある神社に!?意外なもので、造られてる都心のビルに古代遺跡!?有名な建築を紹介しています。

東京、表参道にある、外観が印象的な「GYRE」

ここ4階にある、今年2020年1月にオープンした「循環」をテーマにしたフロアは、4つの店舗で展開されている「GYRE・FOOD」となっているのです。

フランスに在住する、日本人の田根剛さんという建築家にお願いして、デザインを考えてもらったそうです。

田根剛さんは、エストニア国立博物館も手掛けるなど、世界各国で活躍する、世界的建築家!

まず、このフロアの特徴は、床などが土で作られています。

ポイント①

・「土から生まれて土に還る」をコンセプトとし、床・壁・天井などは、土をベースに施工

ポイント②

・5tの土を使用し、古代遺跡をイメージ

もっとも目を引くのが、カラマツで造られたひな壇なんです。

使い方を想像させたり、クリエイティブな発想が生まれそうな空間となっています。

ひな壇の上段からは、フロア全体が見渡せるので、解放感がより感じられると思います!

この投稿をInstagramで見る

 

GYRE.FOOD uni(@gyre_uni)がシェアした投稿

ポイント③

・目の高さに合わせて植物を植えることで、より遺跡にいるような感覚を味わえる

フロアのテーブル席に座るとわかりますよ!

また、テーブルが!

この投稿をInstagramで見る

 

GYRE.FOOD uni(@gyre_uni)がシェアした投稿

ポイント④

・テーブルも土を固めて制作

小学校の時に、泥ダンゴを作った経験があればわかると思うのですが、その要領らしいんです。

土で作ったようには見えないのですが、土なんですよね。

また、外の敷地には、食べられるモノを栽培しています。

ここで育てたモノは、レストランなどの彩に使ったりもしているそうですよ!

ポイント⑤

・生ゴミなどは、堆肥にして土に戻すことで畑の肥料として循環させている

あらゆることが、テーマーの「循環」と結びついてるんですよね。

圧倒的なコンセプト力があり!

建築家「堀部安嗣」カフェ茶寮 石尊

神奈川県・伊勢原市にある、有名建築は、標高700mにある山にある神社「大山阿夫利神社」

そこまで行くには、自分の足で階段を登り、そこからケーブルーカーを利用していきます。

ちょっと体力つかうかも、しれませんね。

神社境内に、神社が経営しているカフェ「茶寮 石尊」があります。

ここは、去年2019年4月にオープン!

堀部安嗣さんは、瀬戸内の海に浮かぶ、小さな宿「ガンツウ」などの設計も手掛けています。

このカフェの1番の魅力は、テラス席から眺める景色が素晴らしいのです。

ポイント①

・ミシュラン・グリーンガイド・ジャボンで二つ星に輝いた眺望が楽しめるテラス席

また、室内席から眺める景色も、絵画を思わせるような感じに造られていたりします。

ポイント②

・席ごとにテーマを設け景色が変わるよう演出

まとめ

建築って、記憶に残る空間を作りがスゴく重要なんですね。

何かをテーマにしたり、部屋ごとに違う景色が見える工夫などが素晴らしい!

建物の内装の造り方、考え方や、色々な趣向を凝らした建物が、たくさん出てくるのかと思うと、これから楽しみですよね!