ROKOAROKOA

2020年10月29日フジTV「めざましTV」イノ調で放送、老舗店がアイデア満載!新たな試みを紹介しています。

昔ながらのお店(老舗)現在のニーズに合わせ新しく、変化をしているお店を紹介していきます。

今回は「3店舗」をご紹介です。

コレド日本橋「寝具メーカー日本橋 西川」の新店舗

創業454年の「西川」が、「寝具メーカー日本橋 西川」2020年10月にオープンしました。

西川歴

室町時代は蚊帳などの販売を始め、明治時代には布団の販売を開始

寝具メーカー西川の新たな試みとは?

N3D-body!

3Dカメラで全身を撮影しデーター化して、自分の骨格や体の歪みなどが分かるという装置です。

歪みがあるとモニターで赤くお知らせ、どの部分が歪んでるのかが分かります。

他にも、睡眠している間に体の圧力を測定する機械も導入!

睡眠時の状態を可視化することで、より最適な寝具を購入することができるのです。

エアーSXベットマットレス/REGULAR

このマットレスは心地良い眠りが期待できそうです。

寝具も種類がすごく豊富にあり、好きなものを選ぶ時代は、もう当たり前になってきてますよね。

このような機械を使い簡単に、皆さんが自分に合っているものを選べるっていうのは、本当に最先端という感じがしますよね。

 

東京ミッドタウン「有田焼 深川製磁」の新店舗

創業126年、老舗有田焼の深川製磁の新店舗が2020年3月にオープンしました。

深川製磁

独自の染め付け「フカガワブルー」を考案

1900年のパリ万国博覧会で金賞を受賞

深川製磁の新たな試みとは?

カフェを利用することで職人が作る有田焼を実際に使用し、より身近に感じてもらうためにオープン!

茶器を選んで紅茶が飲めるということです。

その日5種類くらいの有田焼茶器が用意されてるので、その中でお気に入りの物を選べるという嬉しいサービス!

気にいった茶器があれば、購入も可能だそうです。1番高い茶器で「フカガワブルー」6万円(税別)

購入できなくても、1番お高い茶器で紅茶を頂けることは嬉しいものですよね。

有田焼というと、若い世代には遠い存在のイメージがあるかと思いますが、カフェとして新しいサービスをするこで身近な存在になってきますよね。

場所柄にも、若い女性にも大人気!となってます。

桜新町オガワコーヒーラボストリー」の新店舗

2020年8月にオープン、外観は綺麗な作りとなっています。

創業68年、京都の老舗が東京に初出店!

店舗の入り口には茶室のような「にじり口」のある蔵を店のシンボルとして配置してあります。

自然光を多く取り入れることで、時間の移ろいを感じながらコーヒーを楽しめるというこだわりのある店。

オガワコーヒーの新たな試みとは?

コーヒーが常時21種類以上、更に抽出方法も3種類以上となってます。

日本一に輝いた、バリスタをはじめとするプロたちが、200以上の組み合わせから合うコーヒーをカスタマイズしています。

一緒にコーヒーを相談しながら決める拘り!

コーヒーの文化がもっと日常に浸透するように、コーヒーに合う炭火を使った料理を提供しています。

炭火焼のお肉は、柔らかく、コーヒーと良く合うそうです。

まとめ

老舗が現代に合うように、色々と工夫しながらサービスを提供してるいのがよくわかりますね。

知らなかった過去のことも理解できたり、良い物をニーズに合わせ引き続くことって大事なんですね。

 

MIYASHITA PARK新「宮下公園」情報はこちら

【めざましTV】渋谷ミヤシタパークの屋上「宮下公園」若者に人気の理由とは?