海外スイーツ、日本上陸!

ROKOAROKOA

2021年3月31日「キテルネ」放送、インスタの女神、わたなべ麻衣さんがレポート!見た目もキラキラな、海外から上陸した、絶品スイーツを紹介していきます。

アメリカ、イタリア、オーストラリアから上陸した、気軽に食べれるスイーツや、伝統スイーツなどが、今注目!日本とは少し違う海外スイーツに、ワクワクしちゃいますね!

ダブルベリーワッフル

東京・原宿にある、アメリカから先月上陸した「PELLS Flavor car」

見た目は、棒に刺さってるワッフルのような感じなんですが、日本では見かけたことがない感じですが、キュートでオシャレな見た目が、大人気となっているスイーツなんです。

その名も「ワッフルポップ」元気が出るようなネーミングですよね!このワッフルポップは、今、カルフォルニアで人気爆発中!

キッチンカーからブームになったスイーツなんですよね。

こちらでは、クリームチーズ、米粉、ラズベリーなどを練りこみ丸め込んだ生地を棒に刺して、ワッフル焼きにし、焼きあがったら、ストロベリーソース、ホワイトチョコ、フランボワーズをたっぷりと♪

食べやすい進化系なワッフルは、しっとりしていて、生地が重めで、甘すぎないので食べやすいんですよ!

この投稿をInstagramで見る

 

@pells_flavor_carがシェアした投稿

焼きマシュマロサンド・ベイクドマロウ

東京・大丸東京店にある「ベイクドマロウ」は、大人気なスイーツ!

見た目は、マカロン?といった感じなんですが、ちょっと違う感じもする?いったいこれは?

ベイクドマロウとは、北米の伝統スイーツ「スモア」をモチーフに作られたものなんです。マシュマロを焼いて、チョコクッキーを乗せ、サンド!

マシュマロの中にもチョコレートが!もちもち、ぷにゅぷにゅな食感がクセになる!

マシュマロの弾力感がクセになりそうな食感♪

ソーシソン・オ・ショコラ

お取り寄せ商品の、イタリアの伝統スイーツは、見た感じはサラミ?と間違えるような色といい形と言い、そんな感じなんです。

全然スイーツに見えないんですよね。サラミにそっくりな、これが「チョコサラミ」スイーツなんです。カットしてみると、ドライフルーツが、ぎっしり入っているんです。

  • レーズン
  • グランベリー
  • ピスタチオ

等々、6種類のドライフルーツが入ったスイーツ。

ボン・ヴィバン ソーシソン・オ・ショコラ 1本入

酸味も甘みもあり、とてもオシャレな美味しい味♪

ブリスボール

オーストラリア発!最悪感ゼロな、新感覚スイーツ!

見た目は、とてもカワイイチョコレートに見えるんですが、チッコじゃないんです。ブリスボールという、カカオ・フルーツなどを混ぜてボール状にしたスイーツなんですよ。

  • アプリコットとカシューナッツ
  • イチジクとくるみ

等々、6種類入ってます。

砂糖を使っていないので、一般的なチョコと比べて糖質(10g)が、ブリスボール(約1.6g)、ミルクチョコ(約5.2g)と比べても糖質が低め、これなら罪悪感無しで食べれちゃいますね。

 

ブリスボールは、こちらから

糖質が低めなのに、素材の甘みが味わえるスイーツになっています。

まとめ

海外からのスイーツは、いかがでしたでしょうか。カロリーが気になるスイーツも、罪悪感なしで食べれちゃうのも魅力的ですよね。

また、ナッツ類を多く取り入れてあることで美容や健康にも良さそう!女性には、嬉しい限りのスイーツ!気になる海外スイーツを、食べてみてはいかがでしょうか。