ROKOAROKOA

2021年12月21日「マツコの知らない世界」放送、
本場イタリアティラミスと同じ、アルコールを使った日本のティラミスが話題!
大阪門真市「パティスリーエルブランシュ」の日本酒ティラミスを紹介します。

日本でティラミスが話題になったのは、今から30年前になります。

当時は「イタメシ」ブームから始まりデザートとして「ティラミス」が若い女性に爆発的な人気に♪
その後、一時的に収束したような感じになりましたが、近年では「和スイーツ」として人気が急上!

ティラミスの発祥の地イタリアですが、家庭で作って食べるデザートと定着していったそうです。

また、ティラミスは”元気の出る夜のデザート”という意味合いもあるそうです。

理由としては、ティラミスの単語を直訳すると

「Tira mi su」=「私を引っ張りあげて」と言う意味になります。

要は「私を元気にして!」ということなんですよね。

また、ティラミスの材料を見てみると

  • マスカルポーチチーズ
  • エスプレッソ
  • ココア

等を使っているので、根本的にパワーがつくということなんです。

そこで、日本の食材と融合した「和ティラミス」の話題お店「パティスリーエルブランシュ」の詳細と、日本酒ティラミスを詳しく見てみましょう。

パティスリーエルブランシュの詳細

話題の「日本酒ティラミス」があるのは、大阪門真市にある洋菓子専門店のパティスリーエルブランシュです。

  • 生ケーキ
  • 焼き菓子
  • デコレーションケーキ

など、たくさんのスイーツを作っています。
また、生クラフトビールも販売しています♪

こちらのお店では、スイーツとビールのマリアージュが楽しめるようになっています。

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuo Haneda(@hanekazu18)がシェアした投稿

お店情報

【住所】大阪府門真市石原町1-1

【電話】06-6902-2244

【営業時間】10:30~21:30

【定休日】不定休

かどま酒ティラミスとは?

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuo Haneda(@hanekazu18)がシェアした投稿

かどま酒ティラミスは、「かどま」の日本酒を使ったアルコール入りのティラミスです。

真っ白なティラミスと、器がとてもオシャレ♪

こちらの日本酒ティラミスは、シロップの中に日本酒を入れ、スポンジを漬け込んでいます。
スポンジが日本酒シロップの香りとまろやかさでいっぱいに♪

その上に、マスカルポーネと生クリームのムースが乗せてあります。

今までに食べたことがない「ティラミス」を味わうことができるかもしれませんね。

こちらの日本酒ティラミスは、お店での販売のみとなります。

オンラインでは購入できません。

イタリアではお酒のスイーツが多い

イタリアでは、お酒を使ったスイーツがたくさんあります。

  • ナポリ名物の「ババ」
  • 黒ビールのティラミス

ラム酒に漬け込んだ「ババ」や、黒ビールの苦みがきいた「ティラミス」

その他にも、イタリアではお酒のスイーツがあります。

なので、日本酒ティラミスは日本人には珍しいのかもしれませんが、料理研究家・ベリッシモさんは、日本人は、もっと日本酒を取り入れべき!

と、言ってます。

お酒のスイーツは、本当に美味しい!

ROKOAROKOA

もっと取り入れていくべきと、私も思います。

まとめ

今回は、イタリア発祥のティラミスと、日本の和スイーツの日本酒ティラミスの紹介をしました。

お酒とスイーツの相性はバツグンなので、日本は日本酒を使ったスイーツをこれからは取り入れていくべきだと思います。

その中で、大阪門真市のパティスリーエルブランシュが作っている、”見た目にも美しい器”と”日本酒ティラミス”の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか。