ROKOAROKOA

2020年11月23日、日テレ「ヒルナンデス」放送、エレファントカシマシの宮本浩次さんが本で気になった、東京のちょっと変わった喫茶店を巡ります!どんなお店の、どのメニューがおススメかを紹介しています。

縁側カフェ

東京足立区の住宅街にある、古民家カフェの新しい形「縁側カフェ」

民家のような雰囲気なので、意識をしていないと通り過ごしてしまうような喫茶店なんです。

入り口を入ると、料亭の庭のような作りになっていて、玄関入り口は、普通の家のような作りなんです。

ここが喫茶店?とは思えない!

が、しかし、襖を開けると、昭和レトロな縁側に並ぶ椅子とテーブルが!

日本庭園を眺めながら、楽しめるようになっているのです。

ここでの、おススメメニューは、「旬のフルーツを使ったタルト」

自家製 季節のフルーツタルト(洋ナシ)590円

自家製パイ生地にアーモンドプードル、粉砂糖、卵を混ぜクリームを敷き、旬のフルーツを並べオーブンで焼き上げてあります。

夕方には、売り切れてしまうほどの人気デザート!

喫茶YOU

東京銀座にある、オムライスが有名な喫茶店「喫茶YOU」

歌舞伎座の脇道を少し入ったところに店があります。

オムライスドリンクセット付 1.300円

このお店は、2019年にオムライスグランプリ店1位を獲得してるのです!

そのためオムライス目当てに、行列ができるほどの人気ぶり!

18代目、中村勘三郎さんも、こよなく愛したことでも有名なんですよね。

珈琲亭七つ森

東京高円寺にある、喫茶店マニア飯塚めりが、おススメする、カレーが美味しいお店「珈琲亭七つ森」

独特の内装は、お店の方が集めた骨董の照明とか、味の出たインテリアとか独特の濃い雰囲気を醸していて、すごく素敵なお店となっています。

このお店のイチオシは、「野菜カレー」

野菜カレー 1.185円

大根・レンコン・かぼちゃ・プチトマトなど、季節により変わる野菜がたっぷり!

オリジナルのブレンドスパイスで作ったルーを絡めて仕上げてあります。

この投稿をInstagramで見る

 

Asako.m(@baaaaaasket)がシェアした投稿

金魚坂

東京本郷三丁目にある「金魚坂」

江戸時代から350年続く、金魚・錦鯉の卸売問屋が始めた、喫茶店なんです。

こちらの名物は、「ビーフ黒カレー」

ビーフ黒カレードリンク付 2.000円

玉ねぎなどの数種類の野菜を、じっくり炒めることで黒くしているそうです。

更に、20種類以上のスパイスを使い丸2日かけて作る、こだわりのカレー!

この投稿をInstagramで見る

 

金魚坂(@cafe_kingyozaka)がシェアした投稿

老舗喫茶店「古城」

東京上野にある王道の喫茶店「老舗喫茶店 古城」

昭和38年から54年続く、老舗店!

ロシアのエルミタージュ美術館をイメージして作られた内装は独特な雰囲気があります。

ステンドグラスは本物なので、とても綺麗なんです。

非日常的な時間を味わえますよ!

このお店の名物は、恋の味?「ミルクセーキ」

ミルクセーキ 700円

甘くて、どこか懐かしい味が楽しめます。

フードメニューも多く、1番のおススメは、やはり「ナポリタン」

ナポリタンサラダドリンク付 1.200円

トマトケチャップと、トマトジュース、古城特製スパイスを混ぜて作ってあるので、美味しいです!

54年続くナポリタンは格別ですね!

この投稿をInstagramで見る

 

socyo(@socyo101)がシェアした投稿

まとめ

東京の、ちょっと変わった喫茶店、雰囲気も独特ですね!

今はカフェが多くなっていますが、時には1人で喫茶店での、美味しいランチを食べに行ってみませんか?

喫茶店マニアの「飯塚めり」さんの、書籍が出てるので参考にしてみてはいかがでしょうか?

飯塚めり 東京喫茶ノート