腸活で話題な、発酵とはどういうものなのか?

ROKOAROKOA

2021年6月24日「ヒルナンデス」放送、健康に良いとされる発酵食品、栃木県日光市「日光たまり漬け」上澤梅太郎商店の、たまり漬けらっきょうが話題に!発酵マニアの小倉ヒラクさんもオススする、発酵食品たまり漬けらっきょうを紹介していきます。

日本は、世界に比べて発酵食品が多く、それだけ日本人は多くの発酵食品を食べていることになります。では、発酵って、どういうものなのかをチェックしてきましょう。

発酵には3種類あります。

  • 乳酸発酵
  • アルコール発酵
  • 酢酸発酵
  1. 乳酸発酵は、食品を乳酸菌で発酵させたもので代表的に知られているのは、ヨーグルト、チーズなどです。
  2. アルコール発酵は、酵母の働きによってアルコールや炭酸ガスを生成する発酵でワインなどお酒です。
  3. 酢酸発酵は、アルコールを酢酸金でさらに発酵させたもので、食品はお酢となります。

この、3つが世界的に使われている発酵になっています。いつも食べたり飲んだりしている物が発酵食品で利用していることがわかると思います。

発酵マニアが小倉ヒラクさんがおすすめする発酵食品

世界で3.000種類以上の発酵食品を食べ歩いてきた、小倉ヒラクさんが日本の発酵食品の中で、栃木県日光市にある、お取り寄せ「みそたまり漬けらっきょう」を、おすすめ!

上澤梅太郎商店らっきょうたまり漬け

日光周辺に伝わる発酵文化、たまり漬けです。

栃木県産のらっきょうを、初夏に収穫し、秋まで熟成した後に甘口のたまり漬けに仕上げた、らっきょうになっています。

「これが、らっきょう?」と思うほどの、パリッとした歯ごたえがあり、サラダのような爽やかさが人気の秘密となっています。

この投稿をInstagramで見る

 

NoB(@afukono.sun)がシェアした投稿

たまりの深い甘みが染みわたり濃厚ならっきょうに♪

たまり漬けらっきょう、口コミで話題に!

非常に口コミで話題になっている、たまり漬けらっきょうは、食べた人から「らっきょうってこんなに美味しいんだ」という感想が多いそうです。

シャキシャキ感と、甘みのまろやかな旨味が融合した、ものすごく奥深い味わいになっています。

たまり漬けらっきょうの食べ方

朝ごはんのおかずのお供としてはもちろん合いますが、ワインとの相性もバツグンなんです。

ワインはアルコール発酵なので、おつまみの、発酵たまり漬けらっきょう共に健康食品ですね♪腸内環境を整えてくれるでしょう。

 

まとめ

今回は、発酵マニアの小倉ヒラクさんがおすすめする腸活で話題な発酵食品「日光たまり漬けらっきょう」を紹介しました。

発酵食品は、健康を維持するために必要とされているものが多く含まれているので、腸内も整えてくれます。率先して、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ご飯のお供や、お酒のおつまみに最適ですね!