ハムカツ太郎が教える「ハムカツとは」

ROKOAROKOA

2021年3月16日「マツコの知らない世界」放送、揚げ物の中で人気が下降気味なハムカツ、500軒のハムカツを食べ歩く「ハムカツ太郎」が語る!昔懐かしい味から、断面が凄い進化するハムカツを紹介していきます。

庶民の味ハムカツですが、100人に聞いた好きなフライランキングでは、オニオンリングより低い最下位だったんです。

しかし、ハムカツは、こんなもんじゃない!

ハムカツ太郎が、絶品ハムカツ軍団に注目!

進化するハムカツ

昔懐かしい、ハムカツは、ハムの厚さよりも揚げの衣のが多かったのが主流でした。

そんなハムカツが、進化をし違う形として登場しているんです。

一生に一度は食べたい!これが、極上ハムカツ!

レストランぱーく

京浜工業地帯を支えるガード下の名店、JR鶴見駅から徒歩3分の立地にある「レストランぱーく」のハムカツ定食!

昭和のレストランといった雰囲気なお店、メニューの先頭に「ハムカツ」がドーンと記載されているほど、ハムカツ推しなんです。

【ハムカツ定食メニュー】

  • ハムカツハーフ(2切れ)¥700
  • ハムカツ(4切れ)   ¥800
  • ハムステーキ(2切れ) ¥700
  • ハムステーキ(4切れ) ¥800

このようにメニューの1番トップにハムカツ定食が目立つようになっています。

見た目、ちょっと肉々しい雰囲気が出ていて、トンカツのような厚みもあります。

ロースハムを使った、お店自慢のデミグラスソースで頂くようになってます。

衣が薄いので、ハム本来の味が十分味わえる一品なんです!

高級ハムカツ感があるこのお店の拘りは、ロースハムの原木を3cm以上にカットし、切れ込みを入れ食べやすく調理されてされているんです。

きめ細かいパン粉で揚げているので、ハムの味が十分味わえるんですよ♪

お店の場所

【住所】神奈川県横浜市鶴見区豊岡町1-17

居酒屋トモ

ヨコハマ野毛の名物女将の店!JR桜木町駅、徒歩5分の立地にある「居酒屋トモ」のミルフィーユハムカツ!

サラリーマンから若い女性まで、今、大人気な飲み屋街、野毛の一角にある雑居ビルの中に名物女将がいるそうなんです。そこが、居酒屋トモ!

名物女将が作る、絶品ハムカツとは?

ハムを26枚使って、ハムカツを作っているんですが、中間にはチーズをサンドしてあるので、断面がミルフィーユ状になってハムのピンクとチーズの黄色が綺麗なんですよね。

揚げたハムカツ上には、チーズにトントロを乗せたり、トッピングは日替わりで変わるそうなので、楽しみですよね!

このハムカツ、これだけボリュームがあってサービス満点なのにもかかわらず、お値段¥600なんです!

コスパいいですよね!

どこか懐かしさがある、居酒屋トモのハムカツは美味しい!

お店の場所

【住所】神奈川県横浜市中区野毛町1丁目45 2階

まとめ

500軒のハムカツを食べ歩いた「ハムカツ太郎」さんの、注目しているオススメなハムカツは既に進化系そのものですよね。

小さい時から庶民の味としてのハムカツとは、イメージが違って高級感がすごいですね。衣が多めなハムカツしか食べたこと無いので、どん食感が興味が湧いてきます!

皆さんも、足を運んでみてはいかがでしょうか。

過去放送記事はこちら